Aiper FLASH 150W-Kickstarterクラウドファンディングは768%の達成率で終了しました

By: 時間:2020.06.04

Aiper FLASH 150W-Kickstarterクラウドファンディングは768%の達成率で終了しました



野外活動がますます人気が高まり、ポータブル電源の需要も急激に増加しています。ポータブル電源の市場機会を発見したアイパーは最新製品FLASH-150wを登場させました。2019年4月から5月までFLASH-150Wを対象に実施したクラウドファンディングの達成率は768%と間違いなく成功といえるでしょう。



Kickstarterのクラウドファンディングでは150人の支持者しかいないと予想されていましたが、結果として支持者が予想の3倍以上にもなり、合計で558人ものユーザーに支持されました。多くの支持者コメントからAiperのポータブル電源FLASH-150Wへの支持を確認することができました。ポータブル電源は、彼らの生活に多くの利便性をもたらし、印象に深く残しました。

Hope PicturesはAiperの忠実な支持者であり、FLASH-150W製品を使用した後、もっと欲しいとコメントしました。



Gabriel Garlsonは、FLASH-150Wがわずか45分でiPhone XSをフル充電できることに驚いていました。



多くの支持者がFLASH-150Wを受け取ってから、すぐに使用感想をシェアし、特に大容量のポータブル電源は複数の出力ポートを利用できることや、同時に充電対応できること、幅広い機器、小型家電を充電できることに満足していました。

著者のBRIGHTBULB記事の中に、Mason Thibaultは緊急・災害時などの状況でFLASH-150Wが一番よい選択であるとコメントしています。ポータブル電源は照明を提供するだけでなく、周囲のさまざまな電子機器に電力を供給できます。



小型ながら大容量なポータブル電源を好む支持者もいます。

Kraig Becker氏は、ADVENTUREブログに掲載された記事で、FLASH-150wに対し、最も満足な部分は、サイズ、充電ポート、およびバッテリーパックであると述べています。その中で、最も印象深いのは小さなサイズ(わずか1.75KG)であることでした。

さらに、製品の安全性を最優先に考える必要があります。 Derek Markhamは、Clean Technicaに発表した記事ではポータブル電源の保護システムに感心したと指摘しました。mart-IC & BMS保護回路が搭載されており、電源筐体は防火材料を採用し、耐久性と放熱性に優れています。さらにActive PFCにより、電子デバイスと接続していないときは自動的に休止状態になり、事故を未然に防ぎ、電池と端末を守ります。



Kickstarterの影響力は非常に大きいため、多くのインターネットユーザーがAiperのポータブル電源を使ってからYouTubeなどに動画をアップロードしました。Aiperの商品を紹介し、自身のフォロワーにも勧めていました。さらにkorguenkomodoはFLASH-150Wが今まで見たことない優れたポータブル電源だと述べました。

多くのインターネットユーザーは、FLASH-150Wの8つの出力ポートを備えていることに対してポジティブなコメントを残していました。FLASH-150WはPD対応TYPE-Cポート、USBポート、12V DCシガーソケット、100V ACコンセントから給電可能の大容量蓄電池です。同時に8端末の充電に対応しており、幅広い機器、家電へ充電することができます。

動画のコメントの中に、ポータブル電源に対して興味を示した人もいることが分かりました。


この持ち運びやすいデザイン、豊富な機能は間違いなくクラウドファンディングの成功につながった大きな要因でしょう。

シェア
30日間無理由交換保証 + 18ヶ月のメーカー保証