台風による停電にはどう備える?復旧時間の目安や対策方法

By: 時間:2020.12.07

台風による停電にはどう備える?復旧時間の目安や対策方法




強い台風が上陸すると、停電が起こることがあります。台風は毎年夏の終わりから秋にかけて上陸することが多く、特に近年では大きな被害を及ぼすことも多いため、事前の備えや対策がとても重要です。そこで今回は、台風による停電にはどう備えるべきか、停電対策の方法について考えていきます。停電の原因や復旧時間の目安についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

台風で停電になる原因



強い台風が停電を引き起こす原因は、暴風や大雨あります。
台風が上陸すると、強い風の影響で物が飛ばされて電柱や電線に当たったり、大雨の影響で土砂崩れが起こり、電柱が倒れてしまったりと、電柱や電線のトラブルが起こりやすくなりますよね。
台風による暴風や大雨が、電柱や電線に何らかの影響を与えてしまった場合、電力会社はその電線を発電設備から一旦切り離し、再び電線をつないだあと、再送電を行うという作業を行います。再送電によって電力が復旧することも多いですが、電力が回復しない場合、その電線から電力を受け取っているエリアは停電となってしまうのです。
再送電で電力が復旧しない場合は電線が破損している可能性が高く、その原因を調査して解消する必要があるため、電力復旧までに時間を要すことになります。



台風で停電したら復旧までにどれくらい時間がかかる?



台風で停電が起こると不安になりますよね。いつになったら電気がつくのか、復旧時間が分からないと余計に不安は募るものです。台風で停電した場合の復旧時間の目安は、一般的にどれくらいなのでしょうか。
台風で停電した場合にかかる復旧時間は、台風の強さや大きさ、被災したエリア・範囲によって異なるため、一概には言えないところがあります。また、同時に停電したエリアであっても同時に復旧するとは限らず、復旧時間に差がでることも珍しくありません。
経済産業省が公表した過去の台風の事例から見ても、台風で停電した場合の復旧時間の目安は被災状況によって大きく異なることが分かります。

2018年台風21号 …約240万戸の電力復旧に約5日
2018年台風24号 …約180万戸の電力復旧に約3日
2019年台風15号 …約93万戸の電力復旧に約12日
2019年台風19号 …約52万戸の電力復旧に約4日


出典:経済産業省資源エネルギー庁「これまでの台風被害における停電戸数の推移」

このように、台風による電線の損傷具合や被災範囲によっては電力復旧に時間がかかり、停電が長期間に渡って続くことも考えられます。そのため、台風による停電対策は各家庭における事前の備えがとても重要になるのです。

台風への備えは万全?停電対策の方法





ここからは、台風に備えて家庭ではどのような停電対策ができるのか、具体的な方法を紹介します。

懐中電灯は手の届く場所に



台風が接近してきたら、懐中電灯は手の届く場所に用意しておくようにしましょう。
できれば家族の人数分用意して、それぞれの手元に置いておくようにすると、いつ停電が起きても慌てずに対処できるでしょう。

避難ルートや避難所の事前確認



地域のハザードマップを確認し、台風によってどんな被害を受ける可能性があるのか、避難ルートや避難所の場所を常日頃から確認しておくことも、台風対策として需要です。
地域のハザードマップは、市区町村のホームページや国土交通省のハザードマップポータルサイトから確認することができます。

停電中の食料や水の備蓄



台風による停電の最中は、当然ながら電気が使えません。そのため、万が一に備えて停電中の食料や水の備蓄をしておくことが大切です。
台風による停電は、被災状況や範囲によって復旧までの時間が大きく異なることから、停電に備えた備蓄品は、最低3日間分~1週間分×家族の人数分が望ましいとされています。



スマホの充電は満タンに



台風による停電中は、テレビが使えなくなります。停電中に最新の台風気象情報や各電力会社が発表する電力復旧の見通しを確認するときには、スマホを活用しましょう。
台風が近づいてきたら、スマホの電源は満タンにしておき、省電力モードにしておくことをおすすめします。また、スマホだけでなく、ラジオを活用して情報収集を行うのもおすすめです。

ポータブル電源を用意しておく



台風による停電対策として、各家庭に備えておきたいのがポータブル電源です。キャンプなどで活用されることが多いポータブル電源ですが、台風による停電などの防災グッズとしても非常に有効です。
ポータブル電源とは、本体内蔵のバッテリーに予め電気を備えておくことで、万が一災害時でもスマホやパソコン、家電製品などに電力を供給することができる充電式蓄電池のことをいいます。
ポータブル電源の種類によっては、炊飯器や小型冷蔵庫に使えるものや、カーチャージャー式やソーラーチャージャー式のものもあるため、長時間の停電に一家に一台備えておくと安心です。



台風による停電対策にはポータブル電源を活用しよう



台風による停電対策としてポータブル電源の備えを検討されるなら、軽量で大容量のポータブル電源「Aiper(アイパー)」がおすすめです。

軽量ながら超大容量のバッテリー



Aiper(アイパー)は、さまざまな利用シーンを想定して開発されたポータブル電源で、軽量で持ち運びしやすいボディでありながら超大容量のバッテリーを備えているため、万が一の停電時などの防災対策としてはもちろん、キャンプや車中泊などアウトドアシーンでも使いやすいという特徴があります。
Aiper(アイパー)には容量別に4種類の製品があり、折りたたみ式のソーラーチャージャーも販売されています。



3つの充電方法



Aiper(アイパー)は、コンセントからの充電だけでなく、カーチャージャーやソーラーチャージャーによる充電が可能です。そのため、長期の停電中でもカーチャージャーやソーラーチャージャーを活用することで、繰り返し充電して利用することができます。電源残量は本体正面にあるLCD大画面ディスプレイに表示されるため、一目で分かりやすいでしょう。

ポータブル電源Aiper(アイパー)で使える家電



Aiper(アイパー)は、停電中にスマホやパソコンを充電するだけでなく、家電製品に電力を供給することも可能です。Aiper(アイパー)で充電できるデバイスや家電製品としては、主に以下のようなものがあります。



・スマホ(およそ84回)
・LEDライト(およそ217時間)
・電気毛布(およそ41時間)
・液晶テレビ(およそ25時間)
・ノートパソコン(およそ15回)
・ミニ冷蔵庫(およそ27時間)
※注:DISCOVERER 1200の場合

ポータブル電源はAiper(アイパー)は8つのデバイスへの同時接続が可能なため、一家に一台備え置くことで、万が一の停電時も慌てずに対処することができます。
さらに、防火材料で作られたAiper(アイパー)本体は、耐久性と放熱性に優れており、デバイスに接続しない状態が続く場合には自動的に休止状態になるなど、事故を未然に防ぐ安全機能も備わっているため、停電による混乱の中でも安全に利用することが可能です。

台風による停電には万全の対策を!



台風による停電は、電柱や送電線の破損が原因で起こるケースが多いことから、日本全国どの地域でも起こる可能性があります。また、台風の規模によっては復旧までに長時間を要するケースも珍しくありません。
台風による停電に備えるためにも、一家に一台ポータブル電源を備え置いておくと、いざという時にきっと活躍するでしょう。これを機会に、ぜひポータブル電源の活用を検討させれてみてはいかがでしょうか。
ポータブル電源Aiper(アイパー)は、軽量で持ち運びしやすく大容量なため、停電対策としてだけでなく、キャンプなどのアウトドアでも使いやすいポータブル電源です。ポータブル電源をご検討の際は、Aiper(アイパー)をチェックしてみてくださいね。

シェア
30日間無理由交換保証 + 18ヶ月のメーカー保証