災害対策向きの発電機とは?ポータブル電源もおすすめ

時間:2021.08.25

災害時の非常用電源として、発電機を備える方が増えています。発電機があれば停電時でも電気製品が使えるため、物理的な便利さだけでなく精神的な余裕も生まれるでしょう。
そこで今回は、災害対策向きの発電機とはどのようなものなのか、どんな使い道があるのかを紹介していきます。

 

発電機とは

発電機とは、ガソリンなどの燃料を使用してエンジンを動かすことで、電気のないところで電気を使えるようにする装置です。作業現場やお祭りの屋台などで使われるような大型の発電機はもちろん、家庭で使用できる小型の発電機もたくさん登場しています。

 

災害時に発電機が役立つ理由

災害時の非常用電源として発電機を用意すると、どんなところで役に立つのでしょうか。
まずは、発電機が災害時の備えとして活躍するシーンを解説します。

 

スマホやPCが使える

発電機があれば、スマホやPCの充電が行えます。そのため、充電の残りを気にすることなく、情報収集や家族の安否確認など、スマホをフル活用できるでしょう。
災害時に情報収集ができる以外にも、充電を気にせずスマホが使えるというだけで精神的に余裕が生まれたり、気分転換できたりする方も多いため、災害時にスマホは欠かせないアイテムだと言えるでしょう。

 

懐中電灯やLEDライトが使える

充電式の懐中電灯やLEDライトは、充電がなければ点灯しなくなります。特にAC充電のみに対応しているライトの場合は、停電すると充電もできなくなるため不便に感じるかもしれません。
発電機があれば、充電が切れたライトも再び使えるようになるため、災害時に明かりがなくなる不安も解消できるでしょう。

 

電気毛布や扇風機が使える

暑い時期や寒い時期は、災害時でも体温調整ができる電気製品が使えると便利です。
発電機があれば、電気毛布や扇風機で温度調節できます。エアコンを動かせるような大型の発電機もありますが、燃料の備蓄にも限界があるため、消費電力の少ない製品を使う方がおすすめです。

 

オフィスや店舗の電源として使える

災害時に備えて購入する発電機ですが、日頃から使わなければ勿体ないと感じたり、他のシーンでも使いたいと考えたり、またいざというときのために使い方を覚えたいという方もいるかもしれません。
発電機は災害時だけでなく、日頃から使えるシーンはたくさんあります。例えば、お店をしている方であれば、店舗の外でちょっとした催しをするときに便利です。また、自宅の庭でDIYをする方も、必要な電力を補えるため活躍するでしょう。

 

災害対策は発電機以外にポータブル電源もおすすめ

災害時に役立つ非常用電源には、発電機以外にポータブル電源という選択肢もあります。基本的には事前に充電しておく必要はありますが、ソーラーパネルでの充電ができる製品もあるため、停電時でも繰り返し充電しながら使うことができます。また、大容量のポータブル電源なら、発電機と同じようにスマホやPCの充電、体温調整など、必要なシーンで活躍してくれるでしょう。

ここからは、ポータブル電源のおすすめポイントを紹介します。

 

場所を選ばず密室でも使用できる

発電機はガソリンなどの燃料が必要になります。そのため、一酸化炭素中毒を引き起こしたり思わぬ事故につながったりするリスクがあるため、室内での使用はできません。家庭で発電機を使用するときは、窓の外に設置して稼働させ、窓からコードを伸ばして給電するなどの工夫が必要です。
一方、ポータブル電源は、事前に充電ができていれば燃料は使わないことから、災害時に締め切った室内でも使用できるというメリットがあります。

 

騒音がない

発電機は燃料を使ってエンジンを動かし、電気を作ります。例えばお祭りで屋台の周りを歩くと聞こえてくるエンジンの回る音は、発電機を動かしている音です。
災害時、停電してしんと静まり返った中で発電機のエンジン音が絶えず聞こえるのは、精神的に苦痛を感じる方もいるかもしれません。また、使用するときは必ず騒音がするため、周囲へ迷惑になるという点から避難所には持って行くことは不可能でしょう。
一方で、ポータブル電源なら、ファンの動く音は時々するものの、基本的に騒音と感じるような音はありません。災害時の避難所でも使いやすいでしょう。

 

持ち運びできる

小型の発電機は持ち運びできない重さではありませんが、室内での使用ができないためどうしても窓の近くで電気製品を使用することになります。
それに対し、ポータブル電源は室内の電気が必要になる場所に持ち運べるため、電気を使う場所が制限されないというメリットもあります。

 

災害対策はポータブル電源Aiper(アイパー)で

災害時、安定して電気を給電できるため発電機も便利ですが、室内のどこでも使用できるポータブル電源は安全性も高く、非常用電源として活躍します。
災害時の非常用電源にはAiper(アイパー)のポータブル電源がおすすめです。Aiper(アイパー)のポータブル電源は全機種がAC充電以外にソーラー充電やカーチャージャーにも対応しているため、日中ソーラーパネルを使って充電できます。また、パススルー機能を搭載しており、ポータブル電源を充電しながら、使いたい電気製品への給電も可能です。


複数の機種があるAiper(アイパー)のポータブル電源ですが、非常用電源には電力容量1,182.7Wh、定格出力1,200Wの「DISCOVERER 1200」が最適です。正波形の出力波形でAC出力2口、USB4口に加え、シガーソケットも1つ搭載しており、どんな電気製品でも安心して動かせます。
災害時に電気のある安心感を求める方は、ぜひ非常用電源としてAiperの「DISCOVERER 1200」をご検討ください。

>>>AiperDISCOVERER 1200はこちら

シェア
30日間無理由交換保証 + 18ヶ月のメーカー保証