蓄電池を停電時に役立てよう!使い方や選び方

時間:2021.08.11

大きな災害のニュースを目にする機会が増えている昨今、災害の停電時に役に立つ蓄電池に注目が集まっています。しかし、蓄電池とはどんなものなのか正確には理解できていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、蓄電池とはどんな製品なのか、停電時の蓄電池の使い方、停電時に活躍する蓄電池の選び方などを紹介します。

 

蓄電池とは?

蓄電池とは、電気を充電することで何度でも繰り返し使える電池のことです。
停電時に使える蓄電池には、「定置式蓄電池」と「モバイル式蓄電池」の大きく分けて2つの種類があり、定置式はサイズや重量が大きく本体の価格も高額なうえに、設置工事が必要な点がネックと言えますが、その分蓄電できる電力容量が大きく、停電時にも安定して使い続けることが可能です。
一方のモバイル式は、定置式蓄電池に比べると蓄電できる電力容量は少なくなりますが、価格が安く持ち運びができるのが特徴です。モバイル式蓄電池のなかには1,000Wh以上の電力を蓄電できる大容量の製品もあるため、停電時に使用するだけであればどちらの蓄電池でも十分に活用できるでしょう。

蓄電池への充電の方法は蓄電池の種類によっても異なりますが、ソーラーパネルやAC充電、カーチャージャーなどがあげられます。ソーラーパネルに対応している蓄電池なら、長期間の停電時にも繰り返し充電をしながら使い続けることができるという安心感があります。

 

事前に知っておきたい停電時の蓄電池の使い方

蓄電池の使い方は、定置式蓄電池かモバイル式蓄電池かで大きく異なります。

 

定置式蓄電池の使い方

定置式蓄電池は、停電時にも非常用電源として活用はできますが、日常的に電気代を削減する目的で設置する方が多く、非常用電源を主な目的として設置する方は珍しいでしょう。そのため、普段から蓄電池に貯まった電気を使用している方がほとんどです。

普段から蓄電した電気を使用できる定置式蓄電池ですが、停電時には「自立運転モード」に切り替えなければ使用できなくなります。切り替えの方法は設置する蓄電池によって異なり、停電から数秒経つと自動的に蓄電池からの給電に切り替わる製品もある一方、自立運転モードに手動で切り替えなければならない製品もあります。
切り替え方は製品によって異なる場合もあるため、取扱説明書で確認しておきましょう。

 

モバイル式蓄電池の使い方

モバイル式蓄電池は、日常の生活の中で節電のために使用する方は少なく、停電時の非常用電源として防災対策を目的に購入する方や、庭仕事やアウドドアなど電力のない場所で電気を使うことを目的に購入する方が多いでしょう。

停電時のモバイル式蓄電池の使い方は、電源を入れて使用したい電気製品を接続するだけです。しかし、自動的にソーラーパネルから蓄電される定置式蓄電池とは異なり、事前にAC充電やソーラーパネル充電で充電しておく必要があるため、電力の残量には注意が必要です。

 

停電時に役立つ蓄電池の選び方

停電時の非常用電源として活躍する蓄電池ですが、購入する際に注目するポイントがいくつかあります。購入後に「こんなはずじゃなかった」と後悔しないよう、蓄電池を選ぶときはどんな目的で蓄電池を使うのかも考えながら、じっくりと選ぶようにしましょう。

 

定置式かモバイル式か

蓄電池を選ぶときは、まず定置式かモバイル式のどちらにするかを決めましょう。
太陽光発電も設置して電気代の節約も兼ねたいと考えている方は、定置式蓄電池を設置することになります。しかし、停電時や電力のない場所で電気を使いたいなど、ピンポイントで使うことを前提としている場合はモバイル式の蓄電池の方がおすすめです。

 

電気容量や出力

電気容量や出力は、蓄電池を使用するときにどのくらいの電力を使いたいかで決まります。

定置式蓄電池の場合は蓄電できる電力容量が多いため、最低限の電気の使用に留めれば、停電中でも不自由なく生活できるでしょう。ただし、エアコンなど消費電力の大きな家電を複数使用する場合は、電力容量が少ない蓄電池では一晩もたない可能性もあります。
一般的に家庭用蓄電池と言われる定置式蓄電池は15kWh未満の電力容量を貯められるものを指しますが、多くの家庭では6kWh前後のものが選ばれる傾向にあるため、停電時は必要最低限の電気製品を使うなど、工夫しながら過ごしましょう。

モバイル式蓄電池を選ぶ場合は、停電時どんなことに電力を使いたいかをイメージしながら、必要な電気容量や出力を考えていきましょう。例えばスマホやLEDライトなどの充電、扇風機や電気毛布など、必要な電気製品の消費電力を調べ、それらを補える定格出力の蓄電池を探しましょう。

 

AC充電以外の充電方法

定置式蓄電池はソーラーパネルで発電した電気を蓄電しますが、モバイル式の蓄電池は電力の残量がなくなる前に充電しなければいけません。停電時はAC充電ができなくなるため、ソーラーパネル充電などAC充電以外の充電方法がある蓄電池を選びましょう。
また、内蔵バッテリーを長く使用するという意味でも、基本的に20%~80%の電気が常に充電されている状態をキープすることが理想です。モバイル式蓄電池は定期的に電力の残量を確認し、残量が20%を下回る前に充電しておきましょう。

 

停電時に蓄電池は何時間使える?

蓄電池を使い続けられる時間は、電力容量と停電時に使用する電気製品によって異なります。例えば、スマホの充電は1台につき15Wの消費電力がかかります。他に、LEDの電気スタンドは4W~10W、扇風機は50W~60W、電気毛布はサイズにもよりますが50W~90W程が必要です。

仮に、スマホを2台充電して30W使い、消費電力6Wの電気スタンドと90Wの電気毛布を使う場合、必要な電力は126Wです。126Wの消費電力を24時間使い続ける場合は126W×24時間=3,024Whとなるため、3,024Wh以上の電力容量と126W以上の定格出力が必要ということになります。

出力量1,200W、電気容量1,000Whのモバイル式蓄電池で毎時126Wを使い続ける場合は、満充電から8時間程で残量がなくなる計算になります。ただし、ソーラーパネル充電ができる蓄電池であれば日照時間中に充電を行えるため、繰り返し使い続けることが可能です。

 

停電時の備える蓄電池はポータブル電源Aiper(アイパー)がおすすめ

停電時に使える家庭用蓄電池には、電力容量の大きな定置式蓄電池と、非常用電源として備えるモバイル式蓄電池の2種類があります。普段から太陽光発電を利用する方であれば定置式蓄電池も有効に活用できますが、停電時の備えとして用意する場合はモバイル式の蓄電池を選ぶと良いでしょう。

モバイル式蓄電池の購入をご検討の場合は、ぜひAiper(アイパー)のポータブル電源もご検討ください。
Aiper(アイパー)は複数のポータブル電源を販売していますが、なかでも「DISCOVERER 1200」は、定格出力1,200W、電力容量1,182.7Whという超大容量のポータブル電源で、停電時にはほとんどの家庭用電気製品を動かすことが可能です。
また、AC充電の他、ソーラーパネル充電とカーチャージャーにも対応しているため、日中にソーラーパネルで充電すれば繰り返し使用することもでき、長期間の停電への備えとしても安心です。さらに、AC出力2口、USB4口とシガーソケットも1口搭載したマルチポート対応のポータブル電源なので、どんな電気製品も使用できます。

停電時の備えとして蓄電池をお探しの方は、ぜひAiper(アイパー)のポータブル電源「DISCOVERER 1200」をご検討ください。

>>>Aiper(アイパー)のポータブル電源DISCOVERER 1200はこちら

シェア
30日間無理由交換保証 + 18ヶ月のメーカー保証